刺青除去のお勧めな方法

刺青除去の方法は、レーザー除去と皮膚切除がありますが、お勧めは皮膚切除です。
レーザー除去は、よほど浅く彫ってある刺青などには効果が期待できますが、手彫りやマシーンで彫ったもの、色つきの刺青には期待を持つほどの効果はありません。
また人によっては刺青部分が盛り上がってしまい、よけいに目立ってしまうこともあります。
そのためレーザー除去を途中であきらめて皮膚切除に変える人も少なくありません。皮膚切除手術の方法は局部麻酔を打ち、太ももなどの採皮部から皮膚をとります。
抜糸までは包帯を巻いたままの状態ですので、シャワーなどは医師と相談をしながらという形になります。

togetterの詳細情報となります。

痛みは数日間ほど続きますが、痛み止めを飲むと我慢できます。


除去手術は日帰りで帰ることが出来ますが術後に体を休める時間がとれたほうが良いです。



刺青除去は、美容外科や整形外科でもできますが、皮膚除去手術は傷跡が残りやすいですので、どちらの病院も評判を確かめ、除去手術の症例を多く扱っている医師や、信頼の置ける名医を選ぶことが大切です。

また、刺青除去は大きさによっては、手術を断られる場合もありますので、まずはカウンセリングを受けられた方が良いです。

美容外科でも整形外科でも刺青除去手術はできますが、仕上がりの美しさを考えるならば美容外科をお勧めします。

今すぐ見つかる刺青除去の情報収集がもっと楽になります。

美容外科では保険は適用されませんので金額的に高い物になってしまいますが、保険の範囲内だけでというのはどうしても限界があるのです。